バイクの売却時に必要な書類

所有するバイクを売却する時の注意点、用意すべき必要書類について、排気量ごとに説明します。

バイク解決マニュアルmainimage

バイクの売却時に必要な書類

所有しているバイクを売却したい時は、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

新しいモデルが欲しい、古くなったので買い替えを検討している等、理由は様々です。

そんな時、ほとんどの人が購入した販売先、ショップに相談に行くのではないでしょうか?

バイクの売却に慣れた人であれば注意点等に関しては理解されていることと思いますが、初めて売却される人にとっては未知の世界となり、結果損することもしばしば。

売却時慌てなくて良いよう、必要な書類や注意点についてアドバイスしたいと思います。

では必要書類についてですが、用意する書類は排気量によって違いがありますので、ご注意下さい。

まず排気量125cc以下のバイクについてですが、必要書類は自賠責保険証明書、標識交付証明書、運転免許証や社会保険証等の身分証明書、印鑑が必要です。

ちなみに標識交付証明書とは、軽自動車税申告兼標識交付申請書のこと。

お住いの市町村から発行されたナンバープレート交付時に受け取った証明書になります。

続いて、排気量126ccから250ccのバイクに関してですが、こちらは自賠責保険証明書、軽自動車届出済証、運転免許証や社会保険証等の身分証、印鑑になります。

最後は、排気量251cc以上のバイクについて。

こちらの場合も、自賠責保険証明書、自動車検査証、運転免許証や社会保険証等の身分証、印鑑が必要になります。

バイク買取ショップ等に売却する人が多いと思いますが、査定額だけを考慮して売却するのは、危険です。

売却する時は、数社へ査定を依頼しましょう。

査定額、対応等を考慮し、納得できるショップへ売却されることをおすすめします。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索